三頭筋エクササイズ「リバース・プッシュアップ」腹斜筋割る筋トレ腹筋シックスパック

腕を太くする上腕三頭筋エクササイズ「リバース・プッシュアップ」

毎日、筋トレを行なっているでしょうか?
今日は暑いから筋トレはお休み!なんてズル休みをしていませんか?
筋トレは毎日行なうことが大切です。もちろん休息日は必要です。
でも休息日ばかりで、殆ど筋トレはやっていないということになると、今年もまた体を作ることができなくなってしまいますね!
今日のご紹介する筋トレは、三頭筋のトレーニングをご紹介してまいります。
腹筋運動や大胸筋を攻めるのも大切ですが、太くたくましい上腕三頭筋も重要な部位です。
太く男らしいたくましい腕を作るなら、「三頭筋」を攻めて行きます。
なぜならば上腕二頭筋(力こぶ)よりも、上腕三頭筋の方が大きな筋肉だからなのです。
上腕を占める割合が三頭筋の方が高いからなんです。

上腕エクササイズのリバース・プッシュアップ

上腕三頭筋は3つのヘッドを持っています。外側と内側と長頭とに分かれています。
従って腕を太くしたいと思っているなら、三頭筋を鍛えることがとても大切です。

三頭筋のトレーニング「リバース・プッシュアップ」

今日のメニューは「リバース・プッシュアップ」というメニューをご紹介してまいります。
「リバース・プッシュアップ」は見た目には単純な動きですが、外すことのできないポイントもあります。
リバース・プッシュアップ
ターゲット部位は上腕三頭筋

先ず1つ目は、手幅は腰から拳1個分空けること。
自宅で行う場合には、イスを使うことが最も一般的です。
拳1個分空けることができない場合には、2つのイス(手をつく側)用意しましょう。

リバース・プッシュアップ

続いて2つ目は、イスから離れすぎないこと。
イスが離れすぎてしまうと、しっかりと自重が三頭筋に乗らなく、過度い肩の前部がストレッチされてしまいます、これでは三頭筋に効果がでなくなってしまいます。イスの幅が近ければ近いほどではないので、ご注意して下さい。
イス同士が離れすぎていないように注意するようにしましょう。
3つめのポイントとしては、深く下ろしすぎないようにすること。
深く下ろしてしまうことで、無駄な動きが多くなってしまい、三頭筋への刺激も逃げてしまいます。
深く下ろしたからといって、肩がストレッチされるだけで、三頭筋がストレッチされるわけではありません。この点は注意しましょう。

次のポイントとしては、胸の力で上げないことです。
このトレーニングは、三頭筋のエクササイズです。

そして最後の5つ目のポイントは、肘をロックしてもよいことです。
刺激が抜けない範囲内でロックするのは、まったく問題ありません。
プッシュアップでは肘をロックさせませんが、このスバース・プッシュアップの場合、ある程度の肘のロックは、問題ありません。
このトレーニングでは、ミッドレンジの部分がとても大切になってきます。
自分で一番効果がありそうな可動範囲を見つけるようにしてください。
さらにもうひとつ付け加えると、肩をすくめて行っても問題ありません。
僧帽筋を上げた方が効果はあります。方をすくめるのは、問題ありません。
このエクササイズに関して言えば、肩をすくめてやるほうが効果があります。

リバース・プッシュアップのポイント

ではリバース・プッシュアップのポイントをまとめてみましょう。
1 手幅は腰から拳1個分空ける。
2 イスから離れすぎない。
3 深く下ろし過ぎない。
4 腕の力で上げない。
5 肘をロックしてもよい。

そして、肩をすくめてもよい。となります。
リバープッシュアップは見た目よりも難しく、ベストの感覚を掴むまでには時間を要するかも知れません。試行錯誤してトライして頂きたいと思います。勿論、前述したポイントを忘れないようにして下さい。

リバース・プッシュアップ

もしも自重がかかりすぎて、リバープッシュアップが出来ない場合には、足元にあるイスは外して、腕側のみイスを使用するのもアリです。その点を事前に頭に入れておくと良いでしょう。
足元にイスを使わない場合には、軽く膝を曲げて行ってみて下さい。
この筋トレも十分効果は発揮されます。

リバース・プッシュアップ

もしもこのレベルでは簡単に行えてしまう場合には、さらに負荷をかけて行ってみて下さい。
例えばダンベルを膝に挟んで、リバープッシュアップをやってみても良いでしょう。
しっかりとしたフォームを身に付けて、太くたくましい三頭筋を作って下さい。
上腕三頭筋を鍛えるには、リバープッシュアップ意外でもメニューはあります。
でも自重を使っての筋トレは、かなりの成果を期待することができます。
ダンベルなども使用しないでできるので、自宅でも実行することが可能です。
腹筋意外でも三頭筋が太くたくましいと、かなりバランスのとれた体を作ることができるようになります。ぜひ頑張っていただきたいと思います。

筋肉を付けたい! 体も細く、食も細い人が筋肉で体重を増やす方法について解説

↑ PAGE TOP