ダブついたお腹を割るには!?腹斜筋割る筋トレ腹筋シックスパック

メタボでダブついたお腹を割るにはどうする!?方法

今日のテーマは「お腹の脂肪を落とすにはどうしたらよいのか?」
という、多くの人が悩んでいるポイントについて解説してまいります。
つまり言い換えれば、割れた腹筋シックスパックになるためには
先ず何をどうすれば良いのか?それをしっかりと考えた上で、正しい
プロセスを踏まなければ、決して腹筋は割れてはくれないということです。

理想の割れた腹筋シックスパック

誰もが理想とする腹筋「シックスパック」を手に入れるには、
必ずしなければならないことがあることを!
それをこのページで、しっかりと理解しましょう!
もっとお腹をスマートにしたい!日々そう思っている人は、実に多くいます。
メタボなお腹を何とかしなければ、、、、焦る気持ちばかりが、空回りしてしまう。

お腹だけ部分的に痩せるということは不可能!

まず前提条件として、お腹だけ部分的に痩せるということはできないということです。
お腹だけ部分的に痩せることは不可能。
もしもお腹をスッキリとさせたいならば、体全体の体脂肪率を下げるということをしなければなりません。こればとても大切なことになります。
体脂肪率を下げない限り、腹筋を割ることができないということを理解する必要があります。
どれだけ腹筋運動を行ったとしても、腹筋は割れてはくれません。
そこには『体脂肪』という、自分の目では見ることのできない大きな壁が立ちはだかっています。

現実の弛んだメタボのお腹周り

体脂肪率を下げるためには、まず「食事内容」を考える必要があります。
つまり、何をどれくらい食べればいいのか?
どんな栄養素を摂る必要があるのか?
それから摂取カロリーと消費カロリーを考えます。
当然ですが、消費カロリーが摂取カロリーよりも多くないと体重は増えてしまいます。
つまり太る原因である脂肪が溜まってしまいます。
そして最後に代謝アップの筋トレ運動を行う必要があるということです。

お腹のぜい肉を考えると、誰もが腹筋運動をやろうと思うところですが、体脂肪率を下げないと、腹筋は割れることはありません!先ずは代謝を上げる運動を行うことが大前提となります。
これらをしっかりと理解しておかなければ、腹筋は割れることはありません。
もちろん、お腹周りをスッキリさせることもなかなか難しいものとなります。

体脂肪率を下げない限り、お腹を割る(シックスパック)ことは不可能

まず食事内容で気をつけること。
それはお腹いっぱいになるまで、食べないということが大切です。
満腹状態まで食べてしまうと、間違いなく脂肪が付く結果になってしまいます。
そして炭水化物の摂り過ぎにも要注意です。
間単に言えばご飯の食べ過ぎには、要注意と言うことになります。

筋肉はたんぱく質から作られますから、炭水化物を多く摂取してしまうと、エネルギーばかりが過剰に作られてしまいます。エネルギーが多くて、消費カロリーが少ないことで、体重が増えてしまう結果を招いてしまいます。消費カロリーよりも摂取カロリーが勝ってしまうと、どんなにバランスの摂れた食事をしても、間違いなく脂肪は付いてしまいます。

そして次に代謝のアップのための筋トレが、とても重要になってきます。
腹筋を割りたいからと、腹筋運動に重点をおいても、決して腹筋は割れてくれません。
腹筋を覆っている脂肪を排除する必要があります。
そのためには腹筋運動だけをやっていても、脂肪はなくなってはくれません。
つまり、代謝をあげることをしなければなりません。

大きな筋肉である脚と胸と背中をメインに鍛えていく必要があります。
すると必ず代謝が上がってきます。
体脂肪率がある程度下がるまでは、大きな筋肉を刺激する必要があります。

代謝を上げるにはスクワットがオススメ!

例えばスクワットやベンチプレス、懸垂などをやりながら体脂肪率を下げて行ったら、次に直接腹筋に刺激を入れることが順序として重要になってきます。
こうしたプロセスを踏むことで、お腹の脂肪もなくなり腹筋もきれいに割れてくるようになってきます。

サプリメントなどで腹筋を割ろうとしても、それは無理な話しです。
こうした準備を行った上で、体脂肪率を落として腹筋運動を行い、そして腹筋を割るためのサプリメントで栄養補給をすることが大切になってきます。
当サイトでは何度も書いています。
たとえプロテインやFiraマッスルサプリが優秀であっても体脂肪率を下げるための運動を行わなければ、
こうしたサプリメントの効果を得ることはできません。

このページでは、お腹に付いてしまった脂肪を落とすためのプロセスを解説してまいりました。
先ずは体脂肪率を下げる事が、基本中の基本であることをご理解下さい。
憧れの割れた腹筋シックスパックになるためには、しっかりと体脂肪率を下げるための準備が必要になってきます。常に意識をした上で、筋トレを行うようにしましょう。
メタボの改善も同様の事柄を進めなければ、ダブついてしまったお腹を引き締めることはできません。

【筋トレ】 インクライン・ダンベルベンチプレスについて解説



↑ PAGE TOP